在沖米空軍第18航空団は1日、米軍嘉手納基地に暫定配備されている最新鋭ステルス戦闘機F35Aが機体右側のパネルを付けてない状態で着陸した11月30日の件について「(パネルを)おそらく海上で落下した」と本紙に回答した。把握した時期については「着陸前に発覚した」とした。