県立博物館・美術館で開催中の「大哺乳類展~ぼくらのなかまたち」(主催・沖縄タイムス社、文化の杜共同企業体)の入場者が19日、4万人を達成した。

4万人目となった天願瑠人君(中央)と、弟の瑠偉君(右)妹の瑠彩ちゃん=19日、県立博物館・美術館

 4万人目となったのは金武小4年の天願瑠人(りゅうと)君(10)=写真中央=で、祖父の高さん(62)、祖母の晴美さん(53)、弟の瑠偉(るい)君(同小2年)=同右、妹の瑠彩(るな)ちゃん(同小1年)=同左=と訪れた。

 沖縄タイムスの上原徹文化事業局長から記念品のクラフトブックと折り紙などが贈られた。瑠人君は「とってもうれしい。大切に読みます」と照れ笑いを浮かべた。

 家族で同展をじっくり見て回り、瑠人君が一番印象に残ったのはホッキョクグマ。「思ってたよりも大きくて、牙もするどい。生きているときにあったら怖い」と興奮気味に話した。同展は9月6日まで。