非常に強い台風15号は20日午後9時現在、フィリピンの東の海上にあり、勢力を維持したまま時速15キロで西に進んでいる。21日以降、進路を北向きに変え沖縄地方に近づく。

台風15号(20日21時現在)

台風15号の予想接近時間

台風15号(20日21時現在) 台風15号の予想接近時間

 沖縄気象台によると、21日午後には石垣島地方と与那国島地方が強風域に入る。予想される最大風速は15メートル、最大瞬間風速は25メートル。

 中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。今後、速度を落としながら北上する。宮古島地方が強風域に入るのは22日午前中、沖縄本島地方は23日以降になる見込み。

 一方、大型で非常に強い台風16号は南鳥島近海にあり、勢力を強めながら小笠原近海に近づいている。

 沖縄旅客船協会によると台風の影響で20日、泊埠頭(ふとう)-粟国島、座間味、渡嘉敷の16便と、平良-多良間の2便、石垣-波照間の8便の計26便が欠航した。