美ら花紅茶(沖縄市、上地直美代表)は21日、名護市で無農薬栽培されている茶葉、紅富貴(べにふうき)を使った「晴夏摘み紅茶2015 クラシックティー」を発売する。春1回と夏2回の計3回収穫して商品化し、味の違いを楽しんでもらう季節紅茶シリーズの最後のラインアップで、今回は7月下旬に収穫した茶葉を使用している。

美ら花紅茶が発売する「晴夏摘み紅茶2015 クラシックティー」

 渋みを残しつつもコクとまろやかさが特徴的な味わいに仕上がっているという。30グラムで税込み1998円。沖縄市大里の同社サロンやサンエー内にあるカフェ「珈琲待夢」などのほか、ネット販売する。問い合わせは同社、電話098(934)5200。