非常に強い台風15号は21日午前6時現在、フィリピンの東の海上にあり、勢力を維持したまま時速15キロで西に進んでいる。沖縄気象台によると、台風は21日には進路を北向きに変え、22日には沖縄の南海上を北上し、23日には八重山地方にかなり接近するおそれがあるという。沖縄気象台は高波と強風に十分注意し、早めの台風対策を呼び掛けている。

台風15号の進路予想図(気象庁HPから)

台風15号と16号の進路予想図(気象庁HPから)

台風15号の進路予想図(気象庁HPから) 台風15号と16号の進路予想図(気象庁HPから)

 予想される最大風速は石垣島地方が21日は15メートル(最大瞬間風速25メートル)与那国島地方13メートル(同25メートル)で、22日は石垣が23メートル(同35メートル)与那国20メートル(同30メートル)。

 八重山地方の沿岸の海域はうねりを伴いしけており、21日夜遅くから大しけとなる見込みで高波への警戒が必要。23日はさらに波が高まり、猛烈にしけるおそれがある。

 台風の中心気圧は935ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。中心から半径150キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 一方、大型で非常に強い台風16号は21日午前6時現在、父島の南東約600キロを時速約20キロで北北西に進んでいる。中心の気圧は930ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで、中心から半径190キロ以内は風速25メートル以上の暴風となっている。【タイムス+プラス編集部】