米軍が20日午前11時ごろ、うるま市の津堅島訓練場でパラシュート降下訓練を実施した。沖縄防衛局によると、同水域を訓練で使用する場合、7日前までに防衛局へ通報することになっているが、事前通報はなかった。

空軍特殊作戦支援機MC130からパラシュートで降下する兵士ら=20日午前、中城湾(リムピース提供)

 米軍は同日、防衛局に対し、「事務的なミスで通報しなかった」と認め、謝罪した。県基地対策課の運天修課長は「関係機関への通報なしに訓練が行われたことは遺憾だ」と防衛局を通し、米軍に抗議した。

 在日米軍を監視する市民団体「リムピース」の頼和太郎編集長は現場で訓練を目撃。中城湾入り口付近のホワイトビーチ沖合で、嘉手納基地所属の特殊作戦支援機MC130から兵士4人がパラシュートで海上に降下したという。

 1996年の日米特別行動委員会(SACO)最終報告で、読谷補助飛行場から伊江島にパラシュート訓練を移転することが決まって以降、県などは伊江島以外でパラシュート訓練を実施しないよう求めてきた。

 津堅島訓練場水域でのパラシュート訓練はSACO合意後6年ぶり7回目。県は20日、パラシュート訓練は伊江島で実施するよう申し入れた。