非常に強い台風15号は、21日午後9時現在、フィリピンの東にあり、ほとんど停滞している。今後勢力を維持したまま北北東へゆっくり進む。沖縄気象台によると、22日には先島諸島が強風域に入る。23日には先島諸島が暴風域に、沖縄本島地方が強風域に入る見込み。石垣島地方では22日の夜遅くから波の高さが9メートル以上の猛烈なしけとなる。

台風15号の進路予想図

台風15号の進路予想図

 中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は65メートル。勢力を保ったままゆっくり進むため、長時間にわたり暴風や大雨の影響を受ける恐れがある。

 沖縄旅客船協会によると22日の先島航路は全便欠航、本島航路は朝に決める。空路は通常通りの運航を予定しているが、石垣、宮古、与那国、多良間空港発着の便は遅延や欠航、条件付き運航の可能性がある。