【石垣】非常に強い台風15号の接近を控えた八重山地方では22日、周辺離島を結ぶ船便が全便欠航するなど、観光客や市民の生活に影響が出ている。

全便欠航の張り紙が出された船会社のカウンター。観光客が運航再開の見通しを聞いていた=22日午前10時20分ごろ、石垣港離島ターミナル

 竹富町の島々と石垣市を結ぶ船会社は22日を全便欠航、23日も全便欠航見通しとした。再開は24日以降となる。

 石垣港離島ターミナルでは、旅行バッグを持った観光客が旅程変更を相談する姿が見られた。小浜島で2泊する予定だった猪瀬朋克さん(36)=千葉県=は「子どもが海遊びを楽しみにしていたので残念。ホテルのプールで我慢します」と肩を落とした。

 農家は農作物を防風ネットで囲うなど対応に追われた。石垣市大浜の赤嶺潤さん(63)は「台風の中心を通ると風が巻くのでサトウキビの根が浮き、生育に影響が出る。被害がないよう祈るだけ」と不安そうな表情を浮かべた。