【東京】久米島の特産品や観光の発信拠点となる期間限定アンテナショップ「久米島印商店」が22日、杉並区阿佐谷にオープンした。車エビ、海ブドウ、海洋深層水など生産日本一を誇る久米島の物産や、島の食材を生かした料理もあり、グルメを中心に久米島をアピールしている。

オープン初日から大勢の久米島ファンらでにぎわった「久米島印商店」の店内=22日、東京・阿佐谷の同店

 ショップは全国商工会連合会の支援事業の一環で、久米島商工会が主体となって来年2月末まで営業する。阿佐谷には、県出身者も多く、島のPRの適地として選んだ。

 約66平方メートルの店内では、久米島みそや久米島の泡盛、工芸品も販売。初日から県出身者や久米島ファンらが大勢詰め掛け盛況となった。

 準備を進めてきた商工会経営指導員の玉寄勝久さんは「久米島好きが触れ合う場になれば」とし、期間中にさまざまなイベントを展開し集客を図る考え。同会の嘉手苅一会長は「発信だけでなく、情報収集の場としても活用し、特産品の販路拡大につなげたい」と期待した。