強い台風15号は、22日午後9時現在、沖縄県石垣島の南南西約360キロにあり、勢力を維持したまま、時速15キロで北北東に進んでいる。石垣島地方は22日夜遅くに暴風域に入った。与那国島地方、宮古島地方は23日明け方、沖縄本島地方は24日に暴風域となる見込み。先島諸島、沖縄本島地方とも沿岸海域では10メートル以上の高波で、猛烈にしける恐れがある。

台風15号の進路予想図

台風15号の進路予想図

 中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心から半径130キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いている。中心の南側440キロ以内と北側330キロ以内では風速15メートル以上の強風域。

 台風が23日に最接近する先島諸島では、1時間に80ミリの猛烈な雨のほか、24日にかけ潮位が1・5メートルとなる可能性があるため、沖縄気象台は高潮による浸水や冠水に注意を呼び掛けている。沖縄本島地方も23日以降、1時間に40ミリから80ミリの激しい雨が降る見込み。