強い台風15号は23日午前11時現在、強い勢力を保ったまま北へ15キロの速さで進んでおり、波照間島と西表島の一部が暴風域に入った。午前11時58分、波照間島で最大瞬間風速33・5メートルを観測した。

台風15号の影響で大しけとなった海岸=23日午前11時55分ごろ、石垣市八島町

 中心気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートルで、最大瞬間風速は60メートル。 八重山地方には23日夕方から夜遅くにかけて、宮古島地方には23日の夜遅くにかなり接近する見込み。猛烈な風や猛烈なしけに厳重に警戒が必要。

 台風15号が接近する石垣市では、23日午前、市健康福祉センターに12世帯18人が自主避難している。市防災危機管理室によると、正午現在、台風被害の報告は入っていない。

 23日は強い風と雨が吹き付け、普段は観光客や地元客でにぎわう市街地も時折、車が通るだけで、閑散としていた。

 石垣島地方気象台によると、八重山地方の最接近は同日午後6~9時と見ており、強まる風雨に警戒を呼びかけている。