強い台風15号は、23日午後5時現在、石垣島の南西約50キロにあって時速15キロで北北東に進んでいる。先島諸島では、24日にかけて暴風が続く見込み。石垣島地方気象台によると、午後4時半ごろ、波照間島の風が弱まり、台風の目に入ったと見られる。竹富町西表島の大原で午後5時17分、58・9メートルの最大瞬間風速を観測した。今後、吹き返しの猛烈な風が吹く見込みで、注意を呼びかけている。

強風に煽られ、体をかがめてスーパーを出る男性23日午後5時すぎ、石垣市登野城

 石垣市、竹富町、与那国町の1市2町に、けが人の報告は入っていない。石垣市で21世帯32人が市健康福祉センターに、竹富島では1世帯3人が高齢者施設に自主避難している。

 沖縄電力によると、午後5時現在、西表島上原と鳩間島で400戸が停電している。

 沖縄気象台によると、久米島では24日朝から暴風となる。沖縄本島北部、中南部は暴風警報を発表しない見込みだが、進路が東寄りになれば警報発表の可能性もある。

 中心気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートル。今後勢力を弱めながら沖縄本島地方へ接近する。