【八重山】強い台風15号は23日午後9時現在、石垣島や西表島に最接近している。石垣島地方気象台によると、石垣市登野城で午後9時16分に最大瞬間風速71・0メートルを記録し、島内のこれまでの最高値を更新した。

 これまでの最高値は1977年の70・2メートルだった。市防災危機管理室によるとけが人の情報はないが、午後8時すぎに市平得の住民から「屋根が強風で飛ばされた」と市消防に救助要請があり、消防隊員が住民を避難所の市健康福祉センターに搬送した。

 窓ガラスの破損も相次いでいる。八重山署によると真栄里で2件、登野城、宮良、大浜でそれぞれ1件ずつ、住民から「ガラスが割れた」と110番通報があり、同署が当該住民に避難を呼びかけている。

 午後8時時点で石垣市で5600戸、竹富町で1400戸が停電している。