台風15号の影響で、航空各社の那覇空港発着などの運航状況は24日午前9時30分現在、午後5時までの運航便を中心に欠航が相次いでいる。2万4520人の旅客に影響が出る。

 ANAは羽田発着便などで計81便の欠航を決めた。発着で約1万3100人が足止めされた。JAL(日本航空)は計25便を欠航(同約7700人)。JTA(日本トランスオーシャン航空)は計31便(同3229人)が欠航を決めた。

 琉球エアーコミューター(RAC)は計27便(同491人)。