非常に強い台風15号は24日午前9時現在、久米島の西約90キロにあり、時速30キロで北東へ進んでいる。沖縄気象台によると、台風は久米島に最も接近しており、昼過ぎには沖縄本島地方に最接近する見込み。暴風や高波に厳重な警戒を呼び掛けている。

台風15号の進路予想図(気象庁HPより)

久米島空港では、午前10時過ぎに8月の観測史上最大の54.0メートル、久米島町謝名堂でも47.8メートルの最大瞬間風速を記録した。

台風15号の中心気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで中心の南東側120キロ以内と北西側90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。

 台風15号の影響で、沖縄本島の路線バス全線を24日、終日運休。沖縄都市モノレール(ゆいレール)も運休している。

 県内の公立・県立の小中高校、特別支援学校は、暴風警報が出ている地域は休校。警報解除後の登校については、各学校長が判断する。

 航空各社の那覇空港発着などの運航状況は24日午前9時30分現在、午後5時までの運航便を中心に欠航が相次ぎ、2万4520人の旅客に影響が出ている。

 海の便は24日、沖縄本島航路が全便欠航、先島航路は一部の航路を除き全便欠航となった。【タイムス+プラス編集部】