非常に強い台風15号は、沖永良部島の一部を暴風に巻き込みながら、時速40キロで北上している。沖縄気象台によると、沖縄本島地方に出ていた暴風警報は24日午後4時26分に解除された。引き続き沖縄市には大雨警報が出ており、気象台は、午後9時ごろまで土砂災害に警戒するよう呼び掛けている。

台風15号の衛星画像(気象庁HPより)=24日、午後4時半現在

 台風15号は勢力を維持したまま、鹿児島県の奄美地方に接近。25日午前には九州に上陸するおそれがある。気象庁は、暴風や高波に厳重な警戒を呼び掛けている。

 台風15号は24日午後3時現在、沖永良部島の西北西約140キロにあり、北東へ進んでいる。中心の気圧は940ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートルで中心の南東側130キロ以内と北西側90キロ以内では風速25メートル以上の暴風となっている。【沖縄タイムス+プラス編集部】