名護市辺野古の新基地建設をめぐる24日の集中協議で、政府側は米軍北部訓練場の一部や那覇港湾施設の返還など、県内移設を前提にした負担軽減の取り組みを説明した。普天間飛行場の辺野古移設と同じ枠組みであることを強調し、辺野古に反対する翁長雄志知事の矛盾点を顕在化する狙いがある。