沖縄県北部地域の自慢の伝統芸能が一堂に集う「やんばるの豊年祭」(主催・同実行委員会、共催・沖縄タイムス社)が3日、名護市の数久田公民館・体育館であった。名護、本部、大宜味の3市町村7区から12演目が披露された。青年たちの勇壮な演武、女性たちの華やかな舞を写真で紹介する。

この記事は会員限定です。
しまパス会員(無料)に登録すると、続きをお読み頂けます。