【豊見城】24日午後11時40分ごろ、沖縄県豊見城市真玉橋の民家庭のブロック塀が崩れたとの通報が、民家の住民から豊見城市消防本部にあった。

民家のブロック塀と土砂が流れ込み埋まった車=25日午前11時ごろ、豊見城市真玉橋

 高さ約3メートル、幅約8メートルのコンクリートブロックと琉球石灰岩の塀が民家の外側に崩れ、近くに止めていた軽貨物車の横に流れ込んだ。けが人はない。

 民家に住む男性によると「(24日)午後10時半ごろ、ゴーという車がぶつかるような大きい音がしたので驚いた」と話す。現場は豊見城市真玉橋の高台にあり、日中は台風15号の影響で風雨ともに強かったという。