2017年(平成29年) 12月11日

沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄米軍トップに行政処分 部下のセクハラ不問→部下が帰国後に性的虐待で発覚

 在沖縄米軍トップのニコルソン四軍調整官が、部下のセクハラを把握しながら上層部や司法当局に通報しなかった過失があるとして、行政処分を受けていたことが分かった。米海兵隊は本紙の取材に対し、事実関係を大筋で認めた。セクハラを見過ごされた部下は昨年、転属した米本国で6歳女児を性的に虐待した。性犯罪への対処の甘さが2次被害を生む悪循環が、在沖米軍トップにも波及していた。

ニコルソン四軍調整官

 米海兵隊は本紙の取材に「ニコルソン中将は(海兵隊ナンバー2の)ウォルタース総司令官代理から適切な行政処分を受けた」と説明。「司令官には非行を通報する責任がある。性的暴行もセクハラも許されない」と述べた。

 米軍事サイト「ミリタリードットコム」によると、セクハラを繰り返していたのは海兵隊大佐の男。2016年2月、沖縄からオーストラリア北部のダーウィンに連絡将校として派遣されたが、わずか12日間で沖縄に送還された。

 派遣中、女性のみだらな写真を部下である夫に強要して送らせ、さらに下着まで要求。この写真をオーストラリア軍幹部にも見せた。女性将校にもみだらななメールを送り付けた。

 ニコルソン調整官らは大佐を送還しただけで、調査はしなかった。大佐は16年4月に米ノースカロライナ州に転属になり、部下の6歳の娘に性的虐待を働いた。軍法会議で禁錮5年半の有罪判決を受けた。

 大佐のセクハラは暴行事件捜査の過程で発覚。監察官から調査を受けたニコルソン調整官は「冗談だった」という大佐の主張を信用したと述べ、「被害の訴えは伝聞にすぎない。違法行為はなく、愚かだっただけだ」と説明した。

 だが、軍法会議ではセクハラも将校にふさわしくない行動として有罪になった。在日米軍司令部は本紙の取材に「問題は適切に対処されたと確信している」と述べた。

 在沖海兵隊と海軍の主な犯罪だけで15年に69件が発生し、うち8割の55件が性犯罪だったことが本紙の情報公開請求で明らかになっている。性的暴行が単なる暴行として処理されるなど軽い処分が目立ち、再犯を許したケースもあった。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間