嘉手納弾薬庫知花地区の黙認耕作地に隣接する沖縄市知花の畑で、豚が農作物を食い荒らす被害が9月から続いている。キャベツやサトウキビなどが被害に遭い、6日には4頭が穴を掘ってジャガイモを食い荒らす様子が目撃された。

豚に荒らされたジャガイモ畑。宮里さんは「早く駆除してほしい」と訴える。育てていたジャガイモは全て食べられ、畑中に足跡が確認できる=6日、沖縄市知花

 米軍牧港補給地区からの倉庫群移転整備に伴い、それまで黙認耕作地内で飼育されていた豚が逃亡し、野生化したとみられる。

 約5千平方メートルの畑を所有し、数人で野菜などを栽培する宮里憲八さん(75)は6日午前、作物を食い荒らしている大きな豚を目撃。落ちていた木の枝で追い払ったが、直径10センチほどの穴を多く掘られた後だった。

 「豚は100キロほどの大きさで、襲われるかと怖かった。家族や近所の人に配る大事な野菜が被害に遭っている。早く駆除してほしい」と嘆く。

 宮里さんは9月、沖縄市に苦情を訴えたが沖縄防衛局の管轄だと言われ、防衛局には改善を3回申し入れたが被害は止まらない。

 防衛局は臨時的な措置として進入路と思われる場所に金網を設置したが、責任は豚の所有者にあるとの立場。「引き続き所有者に対して速やかな豚の移動を促していきたい」とした。