ゴルフの日本学生選手権第1日は25日、茨城県の大利根CC(6966ヤード、パー70)で行われ、阿久津未来也(日大)が66をマークして首位に立った。2打差の2位に山城泰介(開邦高-早大)と林侃汰朗(山梨学院大)が並んだ。

首位と2打差の2アンダーで2位発進した山城泰介(早稲田4年)=大利根CC(日本ゴルフ協会提供)

 仲盛将司(小浜中-香川西高-東北福祉大)と玉城海伍(首里高-大阪学院大)は、ともにイーブンパーの70で7位につけた。比嘉一貴(本部高-東北福祉大)は1オーバーの13位。

 伊波宏隆(本部高-大阪学院大)は27位、与儀聖夏(沖尚高-琉球大)は67位、新里倫啓(沖尚高-至誠館大)は93位、新城北斗(名護高-日本経大)は97位だった。

 大会は4日間、72ホールのストロークプレーで争われる。