1961年に沖縄県旧具志川村の川崎で米軍ジェット機が墜落した事故から、7日で56年を迎えた。同日、墜落現場に近いうるま市立川崎小学校で「平和集会」が開かれ、事故の犠牲者に黙とうをささげると共に、事故を後世に語り継いでいくことを誓った。

平和を願い合唱する川崎小学校の児童ら=7日午前、うるま市立川崎小学校

 川崎自治会と学校が協力して開催。集会では、7歳の時に事故で大けがを負った金城善孝さん(63)から聞き取った体験を6年生が発表した。

 金城さんの孫で、5年の山入端乙音さんは「生きててくれてありがとう。川崎の事故についてもっと身近に伝えていきたい」と決意を込めた。

 松田政美校長は「これからも平和を学び、事故の記憶を語り継ぐ大事な日にしていきたい」と話した。

 そのほか、児童らは平和を願い「HEIWAの鐘」を合唱した。