名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前には旧盆ウンケーの26日も、約70人の市民が集まった。午前10時から始まった集会では、沖縄平和運動センターの岸本喬事務局次長が「病気療養中の山城博治事務局長が26日に退院した」と報告。市民らは歓声と拍手が上がった。

集会で辺野古総合大学の説明を聞く市民ら=26日、名護市辺野古キャンプ・シュワブゲート前

 22日から開催している「辺野古総合大学」についての説明もあった。

 同大学では、29日午後2時から理学博士の安部真理子さんによる講演「人類の宝・大浦湾」が行われ、31日には元国頭村村議の上原一夫さんが「伊武岳の米軍射撃訓練場阻止の戦い」の講演をする。