2017年(平成29年) 12月11日

共同通信 ニュース

ロシア勢、五輪個人参加に意欲 フィギュア選手「出ること大事」

 国際オリンピック委員会(IOC)が平昌冬季五輪にロシア選手団の派遣を禁止した決定を受け、フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルに出場するロシア勢は7日、会場の名古屋市ガイシプラザで平昌五輪に個人資格でも参加する意欲を示し、男子ショートプログラム(SP)3位のミハイル・コリャダ選手は「五輪は国旗がどうかではなく、出ることが大事」と話した。

 フィギュアスケートのGPファイナルで、ロシア選手を国旗を手に応援するファン=7日、名古屋市ガイシプラザ

 コリャダ選手は「(IOCの決定は)ロシアの犯したことを考えれば当然の処置」と語り、NHK杯覇者のセルゲイ・ボロノフ選手は「決定は残念だが、五輪には行きたい」と述べた。(共同通信)

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

共同通信 ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間