県立博物館・美術館で開催中の「大哺乳類展~ぼくらのなかまたち」(主催・沖縄タイムス社、文化の杜共同企業体)の入場者が26日、5万人を達成した。

 5万人目は、夏休みの思い出作りで北中城村から訪れた島袋小5年の比嘉竜希(たつき)君(10)=写真左から2人目。父親の竜次さん(39)、母親の永乃(ひさの)さん(43)、妹で同小3年の乃々香(ののか)さん(8)、心乃花(このは)ちゃん(4)と一緒で、旧盆で親戚回りの途中に立ち寄ったという。

 沖縄タイムスの上間正敦文化事業局次長から、記念品の動物図鑑を贈られた竜希君は「うれしい」とにっこり。テレビの動物番組が大好きといい、アイベックスなど「見たことのない動物を見てみたい」と目を輝かせた。