2018年(平成30年) 6月22日

沖縄タイムス+プラス ニュース

沖縄県の記録に2度の衝撃音 保育園落下物と同時刻 米軍機とみられるヘリ画像も

 沖縄県宜野湾市内の保育園に普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリのものとみられる部品が落下した問題で、県の大浜浩志環境部長は、県が実施している騒音調査で落下時刻に2回の衝撃音のデータが記録されていることを明らかにした。8日の県議会一般質問で西銘啓史郎氏(沖縄・自民)の質問に答えた。

宜野湾市の保育園に落下した筒状の物体

 騒音データは保育園から約40メートル離れた場所で測定しており、7日午前10時16分ごろに2回の衝撃音が残っているという。また、同じ時刻にCH53Eヘリとみられるヘリが周辺を飛行している画像も記録しているという。大浜氏は「落下物と関係があると認識している」と述べ、7日の落下物は米軍ヘリから落ちたものとの認識を示した。

 県は普天間飛行場周辺の騒音と離着陸回数などを調べるため、飛行場周辺7カ所で常時、騒音を測定している。このうち4カ所では記録装置を設置して静止画像も記録している。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間