【東京】防衛省は27日、名護市辺野古への新基地建設をめぐる県と政府の集中協議の議事録を作成していないことを明らかにした。同日の参院外交防衛委員会で、糸数慶子氏(無所属)の質問に答えた。

 糸数氏が議事録の作成の有無をただしたところ、防衛省の中島明彦地方協力局長は「現在のところ議事録は作っていない」と明言した。

 糸数氏は「国民の知る権利や行政の説明責任に反している。議事録は作るべきだ」と発言内容を記録に残すよう求めた。