【石垣】台風15号が石垣市に接近した25日、停電のため自家発電機を使用した2世帯7人が一酸化炭素中毒となり、県立八重山病院で治療を受けたことが分かった。7人とも高濃度酸素治療などで快方に向かい、命に別条はなかった。

 15号の猛烈な風雨の影響で、八重山地方では特に長く停電した世帯が多く、信号機が止まるなど各地で影響を及ぼした。当時は両世帯とも居住する建物とは別の倉庫で発電機を可動させており、排ガスが室内に流れ込んだとみられる。

 同日の未明には、風呂場にいた12歳の女児が体調不良を訴えて、同病院を受診。一時は呼吸が困難な状況に陥ったものの治療を受け、同日中に退院した。

 別の世帯では同日正午ごろから家族6人が次々に体調不良を訴え、治療を受けた。

 一酸化炭素中毒は、排ガスや火災などで発生した同炭素が血液中の酸素運搬を阻み、頭痛や意識障害をもたらし、重篤な場合は死に至るケースもある。

 八重山病院は「台風で発電機を使用する機会も増えると思うが、閉じられた空間での使用には厳重な注意が必要」と呼び掛けている。