沖縄県発注工事で、業者が入札できる最も低い額「最低制限価格」を引き上げの方向で検討する審議が始まった。背景には建設事業の需要拡大による人手不足や、それに伴う工期の遅れと資材の高騰などが工事費に跳ね返り業者を圧迫している現状を改善し、人材の育成・確保につなげる狙いがある。