沖縄県農林水産部が27日に発表した台風15号による農林水産業の被害総額(速報第3報)は、第2報から約5億1800万円増えて13億31万円となった。水産業やサトウキビの被害額増加が主な要因。最も被害が大きかったのは水産業で6億3420万円だった。

 地区ごとの被害額は本島北部1674万円、中部379万円、南部4億5368万円、宮古1億6441万円、八重山6億6169万円。

 水産業は第2報から4億円増加。渡名喜漁港で防波堤の損壊などがあった。

 サトウキビや野菜などの耕種部門は約9100万円増の5億円。竹富町や久米島町のキビ被害が新たに加わった。

 農業施設は1880万円増の2130万円。八重山で沈砂地フェンスの破損などがあった。畜産業は297万円増の1億3847万円、調査中だった林業は569万円となった。

 県は台風被害に関する相談窓口を、県内各地の農業改良普及センター・農業改良普及課に設置。台風後の栽培指導や資金などに関する相談を受け付けている。