りゅうぎん総合研究所(池端透社長)は28日、7月の県内景況を発表した。消費関連では百貨店、スーパーの売上高、新車販売台数が昨年を上回ったことから、前月までの「おおむね好調」から「好調」に表現を引き上げた。観光関連も好調で、「県内景気は拡大の動きが強まっている」との判断を11カ月連続で維持した。