「ペットカーニバル2017in沖縄」(主催・オム・ファム、沖縄タイムス社、琉球朝日放送、エフエム沖縄)が9日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで始まった。ふれあい体験や最新ペットグッズの紹介があり、家族連れなど約2千人でにぎわった。10日まで。

ペットカーニバルで、中部農林高校のセラピー犬と遊ぶ子どもたち=9日、宜野湾市・沖縄コンベンションセンター(下地広也撮影)

 フロアコーナーでは、中部農林高校の動物介在活動チームがセラピー犬の訓練を披露。来場者も体験した。宮城琉太朗君8=名護市=は、ミニチュアダックスフントのジュニア君とのペアで障害物競技に挑戦。「今までは犬が怖くて触れなかったけど、すごくかわいかった」と喜んだ。

 「ペットリボン基金」の贈呈式もあり、ペットボックスグループの店舗などで集めた寄付30万円が、同基金の中村毅代表理事からワンワン’Sパートナーの会へ贈られた。

 10日は、タレントのぺこ&りゅうちぇるのトークショーなどがある。開場は午前10時~午後5時。入場料は大人千円、小中高校生は500円。