「私たちの上を飛ばないで」-。米軍ヘリから部品が落下したとみられる事故が起きた沖縄県宜野湾市野嵩の緑ヶ丘保育園で10日、父母会の会合が開かれ、役員会提案の嘆願書提出が全会一致で決まった。原因究明や再発防止、米軍普天間飛行場の運用停止までの保育園上空の飛行禁止などを要望する。保護者の思いをつづった文書を添付し、週明けにも、知事、市長、沖縄防衛局長らに直接手渡せるよう調整する。全国から署名も募る。

父母会冒頭で趣旨を説明する宮城智子会長(奥左)=10日、宜野湾市野嵩、緑ヶ丘保育園

 会合は非公開で行われた。約50人が参加し、在園児の保護者だけでなく、卒園児の保護者や地域の人も駆け付けた。作成した嘆願書は「私たちの上を飛ばさないで下さい!!!」との題目。同園が飛行場滑走路の直線上に位置し、子どもたちの命が常に危険にさらされている現状を、お母さんらしく、堅苦しくない文言で訴えている。

 父母会の宮城智子会長(48)は「いろんな方の思いをまとめて、訴えて、現状を変えたい。子どもたちの命、未来を守っていきたい」と決意を語った。

 会合に参加した5歳と2歳の娘を園に通わせる具志堅清孝さん(38)は「当事者になり、基地をなくすべきだという気持ちが強くなった。同じ事が起きないようにしてほしい」と願った。

 署名も全国から募る。同園ホームページで署名用紙をダウンロードできるようにするほか、近隣の保育園、商業施設など街頭での活動も行う。年内で、県や在沖米総領事館、防衛局などに提出を予定。来年2月開会の県議会でも取り上げてもらうよう活動を続ける。