25歳以下の若者が2030年の沖縄の将来を見据え、議論する「U25沖縄サミット」が30日、那覇市のタイムスビルで開かれた。大学生や高校生など62人が参加。「平和」「教育」「観光」など6つのテーマに分かれて話し合い、未来をつくる当事者として何ができるのか考えを深めた。

平和や経済・教育・文化など幅広い分野から沖縄を見つめディスカッションを交わす参加者=30日午後、那覇市久茂地・タイムスビル1階エントランス

 ディスカッションプログラムを開発する「がちゆん」と沖縄タイムス社が、初めて共同で企画。参加者は、それぞれのテーマに沿って自由に討論した後、実際に関連する新聞記事を見ながら、より具体的な議論を実践した。

 琉大教育学部の比嘉麻乃さん(20)は「沖縄の未来を一人でつくることはできない。熱い気持ちを持った仲間と一緒に議論したことで自分の考えを深めることができた」と充実した表情。がちゆんの国仲瞬社長は「今日話し合ったことをぜひ次の行動につなげて」と呼び掛けた。