粟国空港で第一航空の双発プロペラ機DHC6が着陸後に滑走路を逸脱した事故の原因は、機長らの「ブレーキの後、制御不能になった」などの証言からブレーキ時に車輪がロックされ、制御不能になったとの見方が強い。ただ、人為的ミスか機体の不具合かは不明。