名護市辺野古の新基地建設に反対する翁長雄志知事が昨年12月に就任して以来、初めての沖縄振興予算の概算要求は前年度比89億円増の3429億円となり、翁長県政への「満額回答」に近い内容となった。沖縄振興に真摯(しんし)に取り組む姿勢を示すことで辺野古問題をてこ入れしたい安倍政権の思惑が透けて見える。