第1回世界俳句協会俳句コンテスト(主催・同協会)の第1位に、このほど那覇市在住の俳人、金城けいさん(69)の作品「人危める白い指先スマートフォン」が選ばれた。19カ国、62人の応募の中から最高賞に決まった。入賞は1~3位、佳作の計7人。受賞者にはポルトガルやアメリカ、トルコ出身者もいる。