沖縄防衛局は31日、名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸で、撤去していた浮桟橋を再設置すると発表した。「県の潜水調査を安全かつ円滑に実施するため」としている。