2012年に開学した沖縄科学技術大学院大学(OIST)。開学後の3年間、OISTからの技術移転で初のベンチャー企業が設立され、国や県の事業を活用した地域連携もスタートするなど、一定の成果を上げてきた。