【名護】名護市の稲嶺進市長は2日午前の定例記者会見で、米軍普天間飛行場の市辺野古への移設をめぐる国と県の集中協議について、「これだけの期間では相互理解を得られないのではないか」と指摘した。

定例記者会見で国と県の集中協議について見解を述べる稲嶺市長=2日、名護市役所

 「協議というより国の言い分をあらためて伝えているという印象」と述べ、国には「県側の質問に対して、キャッチボール、協議が成立するようにしてほしい」と求めた。