経済同友会の小林喜光代表幹事(三菱ケミカルホールディングス取締役会長)ら幹部が2日、県庁に翁長雄志知事を訪ね、アジア経済戦略構想や国家戦略特区などについて意見を交換した。

翁長雄志知事(右)を訪ね、意見を交わした小林喜光代表幹事=2日、県庁 

 翁長知事は「アジアのダイナミズムを取り入れるために、物流、観光、情報通信の3本柱を中心に全力で頑張っている。いろいろと提言してほしい」とあいさつ。

 小林代表幹事は「各企業や同友会として、どんなことが一緒にできるかを今後考えていきたい。沖縄のアイデンティティーをしっかり持って頑張っていだきたい」と述べた。

 沖縄視察は3日までの2日間の日程。2日はANACargoを視察したほか、佐喜眞淳宜野湾市長、沖縄経済同友会のメンバーらとの意見交換も予定している。