共産党が入手した防衛省の内部文書で、河野克俊統合幕僚長が米軍キャンプ・シュワブ、ハンセンでの共同使用を推進する考えを米側に伝えていたことが明らかになった。