【北谷】重い心臓病の心筋炎後心筋症のため渡米し、心臓の移植手術を受けた北谷町立桑江中の松島良生(らい)君(13)が1日、県立南部医療センター・こども医療センターを退院した。支援団体の「らい君を救う会」が2日、ホームページ(HP)で発表。父の良道さんは取材に「無事に退院でき、支援してくださった一人一人の方へ感謝したい」と話した。

 良道さんによると、良生君の経過は順調。登校再開の時期は未定だが、中学校と相談したうえ「体調の回復を見ながら、少しずつ学校に戻れるようにしたい」とした。

 「救う会」の當山みゆき共同代表は、「たくさんの協力、支援に感謝したい」と話した。

 募金の使途については、監査をした後、HPで発表する。救う会のブログは閉鎖する。