2018年(平成30年) 1月19日

沖縄タイムス+プラス ニュース

小学校にヘリの窓落下、沖縄米海兵隊が認める 「地域に不安、おわび申し上げる」

 在沖縄米海兵隊は13日、宜野湾市の普天間第二小学校のグラウンドに米軍普天間飛行場所属のCH53E大型輸送ヘリの窓を落下させたと認める声明を発表した。

宜野湾署が回収した窓。周りは金属のようなもので、透明な部分はアクリルとみられる。黄色いレバーが付いている所から時計回りに約90センチ、約85センチ、約65センチ、約93センチ。その他、バネやピンとみられるものも回収した(写真左端)

CH53E大型輸送ヘリの窓のない部分をシートで覆う作業員=13日午前11時52分、宜野湾市・米軍普天間飛行場(田嶋正雄撮影)

普天間第二小の地図

宜野湾署が回収した窓。周りは金属のようなもので、透明な部分はアクリルとみられる。黄色いレバーが付いている所から時計回りに約90センチ、約85センチ、約65センチ、約93センチ。その他、バネやピンとみられるものも回収した(写真左端) CH53E大型輸送ヘリの窓のない部分をシートで覆う作業員=13日午前11時52分、宜野湾市・米軍普天間飛行場(田嶋正雄撮影) 普天間第二小の地図

 同ヘリは午前10時9分に窓を校庭に落下させ、ただちに普天間に戻ったとしている。米軍は声明で「地域社会に不安を与えたことにおわび申し上げる」と謝罪した。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間