2018年(平成30年) 6月25日

沖縄タイムス+プラス ニュース

防衛省、飛行停止ではなく「自粛」を要請 

 【東京】防衛省の山本朋広副大臣は13日、米軍機から窓枠とみられるものが普天間第二小学校の校庭に落下したことを受け、在日米軍のマルティネス司令官に安全が確認されるまでの間の、同型機の飛行自粛を求めた。落下させたのは普天間飛行場所属機という。省内で記者団に明らかにした。

米軍に飛行自粛を求めたことを明らかにした防衛省の山本朋広副大臣=13日午後0時30分ごろ、防衛省

 事実関係を確認した上で、飛行停止を求めることを検討するとしたが、事実上、米軍に判断を委ねる「自粛要請」には批判も出そうだ。

 山本氏は「県民の皆さまに不安や危険を与え、多大な被害を与えかねないもので、あってはならないものだ」と強調。マルティネス司令官と省内で会談し、原因究明と再発防止を求めたことを明らかにした。

 マルティネス氏は「米軍の落下物であるということは間違いない。詳細については確認して報告したい」と説明したという。

 山本氏は同日、日英外務防衛閣僚会合のためイギリスに向かう小野寺五典防衛相から出発前に、米軍に飛行自粛や事実関係によっては飛行停止を求め、遺憾の意を強く米側に伝えるよう指示を受けたことを明らかにした。

これってホント!? 誤解だらけの沖縄基地
沖縄タイムス社編集局編
高文研
売り上げランキング: 24,236

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間