「一粒たりとも故郷の土を戦争に使わせない」と、新基地建設に伴う土砂搬出に反対する「辺野古土砂搬出反対全国連絡協議会」の阿部悦子共同代表(愛媛県)が3日、那覇市職員厚生会館で緊急報告会を開いた。西日本の辺野古埋め立て用土砂搬出地を中心に搬出を止めるための連携が進んでいることを強調。