安里紅型工房(宜野湾市、安里和雄代表)と女性向けオーダー靴ブランドを手掛ける長崎紅屋(埼玉県、長崎登貴夫社長)が4日から、那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランスで、紅型の技法で染めた婦人用革靴などオーダー靴の展示会・受注会を開いている。6日まで。

紅型の技法で染めた婦人用革靴(手前)などを紹介する安里紅型工房の安里和雄代表(右)=4日、那覇市久茂地のタイムスビル1階エントランス

 革靴への紅型染めは業界初。紅型の顔料や技法にこだわり、長崎紅屋の協力を得て伝統の染めを実現した。靴には伸縮性の高い一枚革を使用し、足になじみやすいという。

 安里代表は「伝統工芸の技術を生かし、新たな道を切り開きたい。将来は海外展開も目指す」と強調。長崎社長も「沖縄発の新商品としてアピールし、業界や市場を活性化したい」と話した。

 商品発表と受注会は午前10時~午後6時(6日は午後5時まで)。紅型染めの革靴は1足9万円台、一般のオーダー靴は1万5千円から。展示会後の問い合わせは同工房、電話098(893)6785。