沖縄タイムス社は1日から、気象警報や避難所開設などの防災情報を、リアルタイムで公式ホームページ(HP)や、ツイッターで自動配信する取り組みを始めた=写真。

防災情報が発表されるとホームページに自動でアップされる

 台風などの災害発生時に、地方公共団体や交通機関、ガス・電力・水道事業者から「公共情報コモンズ(Lアラート)」に集められたデータを自動受信し、HP読者やツイッターのフォロワーに伝えるという仕組みだ。今のところ、気象警報と避難所開設情報だけだが、今後、土砂災害警戒、地震速報などを追加する。避難所情報は「避難所一覧ページ」で確認できる。