浦添市北西部で捕獲されたハブの体内からポリ塩化ビフェニール(PCB)などが検出された問題への、関係自治体の対応にはばらつきが見られる。(社会部・平島夏実、篠原知恵、中部報道部・前田高敬) 沖縄県関係者は米軍基地内が汚染源かどうかを含めて「科学的信憑性」を精査する考えを示す。